これが!尾張とんこつ!

 

 

 

欲しかったのは満腹感ではなく

この幸福感でした

 

 

 

 

 

 

Owari-tonkotsu

 

尾張とんこつ

 

 

 

 

 

 麺で味を整える.jpg

 

 

 

おわとん予備知識

 

 

 

❖愛すべき日本の出汁文化❖

 

 

 

 

~尾張とんこつと出汁の関係~

 

 

 

 

 

 

 

『豚骨ラーメンは脂っこい食べ物だ』

『塩分が強いから体に悪いだろう』

 

 

 

 

 

うーん、とんこつってそんなんじゃないんだけどなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が地元福岡から愛知に出てきたころには

豚骨ラーメン屋さんはほとんどありませんでした

 

 

 

 

それから20年以上が経ちました

 

 

 

 

 

だいぶ増えましたね

豚骨ラーメン屋さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は豚骨の本場福岡県で生まれ育ち

豚骨ラーメンで育ちました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豚骨ラーメン

 

 

 

美味しいんですよ

 

 

 

 

 

 

 

でも、まだまだ敬遠されてる感じがするし、私自身も

 

 

 

 

もっと自分好みの豚骨ラーメンが食べたい!

 

 

 

  

と思っていました。

 

 

 

 

 

 

無いのなら

自分で作ればいい 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったのは

私が飲食業界に入ってから

だいぶ経ったあとでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は私

 

子供のころから

サッカー一筋

 

プロスポーツトレーナーを目指し名古屋移住しても

 

サッカー漬け

 

 

 

県大会で優勝し

MVPを頂きました

 

 

そしてプロのトレーナーになるべく

まじめに人体解剖学等を学びました

 

 

 

実業団やテニスの世界大会

Jリーグ等でトレーナー活動をしながら

 

 

勉強を続けました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20年以上の歳月を重ねた今

 

たどり着いたのが

 

尾張とんこつです

 

 

 

なんでや(笑)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解剖学の知識を

まさか豚骨に応用する日が来るとは

 

 

(笑)

 

 

 

 

それでは

尾張とんこつストーリーをどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トレーナーから料理人へ 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校を卒業してからはまじめにスポーツ関係の仕事をしていましたが

20代後半に差し掛かるころに転職の機会が訪れました

 

 

 

 

 

 

 

 

何の経験もないまま飲食業界に足を踏み入れることとなったのです

 

 

 

 

私を使って下さる社長さんのエネルギーに圧倒されながらも

全く畑違いの新たな道に進んだ自分にうぬぼれながら

自分を応援し続ける私でしたが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにこれ!!

 

 

めっちゃくちゃ大変やん!

 

飲食店ってこんなに大変なのか・・・

 

 

 

 

イメージしていたレベルをはるかに超える大変さ

 

めっちゃくちゃ大変やん!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも手探りで自分の立ち位置を探しながらも

凄く充実した毎日でした

 

(11月に入社し初めての飲食店でいきなり忘年会シーズン

12月31日の営業が終わった後に

地獄のような忙しさの中

何もできない不甲斐無さと

ひと段落した安堵感から

号泣して周りのスタッフから

爆笑されたのを思い出しました

 

後から知ったのですが

そのお店は名古屋でも飛ぶ鳥を落とす勢いの

大繁盛店でした)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのときからラーメン作りに興味を持ったのではなく

 

それから何年も後にラーメン作りに興味を持ったのでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや和食!

 

【おわとんが出来るまで】

 

 

どうすればいいのか

~其の壱~

 

 

《先ず手掛けたのが豚骨ラーメンの味の濃さと重さをなくすことでした》

 

 

私の体感では

豚骨ラーメンは

味が濃い

脂っぽい

 

 

 

という印象を持つ人が多いと感じました

 

 

がっつり食べられる人や

がっつり食べられるタイミングの人にとっては最高です

 

 

 

 

 

 

20代のころは私もガッツリでした

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし今では実は小食

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私が求めたのは

 

満腹感ではなく

 

 

 

満足感

 

そして

 

幸福感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時ラーメン業界では

 

『 脂=うまさ 』

 

の方程式が重要視されてる風潮があるように感じました

 

 

 

実際に脂とにんにくがいっぱいのラーメンが大人気なのが物語っています

 

実際に美味いからたまらんのだけれども

 

 

 

 

 

 

スープを炊く際に背脂なども一緒に炊いたり、丼の中に直接香味油などを入れたりします

 

約300ccのスープに一割ほどの油を浮かべるのです

 

 

 

 

 

じゃあ脂をいれなければいいだけでしょう

 

と思っていたら

 

 

単純にその油を取り除くだけではラーメンが物足りなくなってしまうのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしたらいいものか・・・

 

 

 

悩んだ私が目を付けたのが

茶碗蒸しでした

 

 

 

 

 

 

 

味が濃いわけでもなく

こってりしているわけでもない

肉を喰らう様な食感があるわけでも

がっつり食べるわけでもない

 

 

 

 

だけれども

 

 

 

食べた後のあの満足感幸福感

 

 

 

 

これだ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうすればいいのか

~其の弐~

 

 

 

 

 

 

 

旨さとはおなか一杯になることではなく

心が満たされることなんだと気付きました

 

 

 

 

私は『和食』に注目しました

 

 

 

 

知れば知るほど興味深く

感動しっぱなしです

 

 

 

 

 

和食はなぜあんなにも薄味で少量なのに

満足度が高いのか

 

 

 

ひとつは

『旨味の相乗効果』

というものが大きくかかわっていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味の構成として

 

塩味

甘味

苦味

酸味

旨味

 

があります

(辛味は正確には味ではなく痛みだそうです)

 

 

 

そのバランスの違いで色々な味を表現していきます

 

 

 

 

 

和食を通して特に興味深かったのが

 

 

【旨味】と【塩味】

 

 

 

 

でした

 

 

 

昆布などの海藻に含まれる旨味成分のグルタミン酸

魚や肉二含まれるイノシン酸

干し椎茸などに含まれるグアニル酸

 

 

 

 

 

 

 

これらの旨味は単体で味わうよりも

複数の旨味成分を掛け合わせることで

旨味が掛け算になる

ことが研究で分かっています

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど

 

 

 

その目線で和食を見てみると

非常に理に適っています

 

 

 

鍋などもそうですね

お野菜

お肉

昆布だし

椎茸などなど

 

旨味の相乗効果が図らずして出来ています

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてさらに

 

 

 

料理の満足度アップの味付けで欠かせないのが

塩味

 

(なんとスパイスカレーでも味を整えるのはスパイスではなく塩なのです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘味を増したい時に

少量の食塩を足すという経験をしたことがある人も

多いと思います

(スイカに塩などもそうですね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメンが敬遠される要素の一つである塩分

 

 

パパっと食べるラーメンは

どうしてもパンチが求められやすく

塩分などで味を強くすることで

満足感を瞬時に感じるように作られることがあります

 

 

 

 

 

しかし

私が求めたのはパンチから来る

満足感ではなく

 

癒しのような

ホッとする満足感です

 

 

 

 

 

 

 

塩分を減らすだけでは物足りなくなる味も

 

旨味を強く表現できれば

 

 

塩分を減らしても満足できることもわかりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうすればいいのか

~其の参~ 

実践①

 

 

 

 

 

 

尾張とんこつには

純国産の豚骨(イノシン酸)

北海道産の昆布(グルタミン酸)、大分県産の干し椎茸(グアニル酸)

更に数種類の節と魚や貝の煮干しのエキスを丁寧に抽出し贅沢に使用しました

 

 

 

 

 

 

よし

 

 

 

 

 

あとはこれを全部一緒に炊いてしまえば旨いスープが出来る!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思っていました

 

 

 

 

 

 

 

 

何度やっても全然うまくならないのです

 

 

 

理論上は旨くなるはずだったのですが

 

 

 

 

 

 

 

旨味の掛け算どころかだいぶ引き算に

 

 

 

 

いくつかの素材は

 

いなくなっているような気がして・・・

 

 

 

 

 

なぜだろう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうすればいいのか

~其の四~ 

実践②

 

 

 

 

 

 

炊けば炊くほど味が出てきて旨味は強くなっていくと思っていました

 

 

 

 

 

 

実際は違いました

 

 

 

 

 

 

 

 

食材によって最高に美味しくなる加熱時間が違う様なのです

 

 

 

 

もっと言うと

 

 

 

 

熱の入れ方で味も変わってくることが分かりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用する食材の性質を見極め

それぞれが最高のパフォーマンスが出来るように

日々研究しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弱火なのか強火なのか直火なのか湯せんなのか

 

どのくらいの時間火入れするのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試行錯誤の繰り返しです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも中々満足のいくスープが出来ないのです

 

 

 

 

旨いんだけどなぁ

 

 

 

 

 

 

なぜだろう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうすればいいのか

~其の五~ 

実践③

 

 

 

 

 

 

旨いスープを作るために

試作と試食を繰り返す毎日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが毎日何食も食べるとさすがに嫌になるときがあります

 

 

 

 

 

この味で出してもいいんだろうけど

 

 

なんか納得いかない

 

 

 

 

 

でもそろそろ心折れそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分転換するために

その日はなんとなく太麺で食べてみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味が全然違うのです

 

 

 

 

 

 

 

 

麺の味ではなく

 

 

 

スープの味が違うのです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目から鱗でした

 

 

 

 

 

 

 

 当時の私の中では豚骨ラーメンと言えば細麺という概念がありました

 

 

 

スープにしか着目していませんから

 

いつも同じ麺を使っていました

 

 

 

それからは違う麺で食べまくりです

 

 

 

 

 

 

 

当時お世話になっていた製麺所さんのあらゆる麺だけではなく

 

 

 

製麺所さんのライバル会社さんの麺だったり

 

 

 

自家製麺を作っている同業のラーメン屋さんなどにも無理を言って協力していただき

 

色んな麺を集めて食べまくりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今思うと失礼な話ですよね

 

自分で製麺しろよ!って感じです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてたどり着いたのが現在採用している

 

真空麺です

 

 

 

 

 

 

 

製麺所で使用している粉だけでなく

 

 

工場内や製麺機なども

 

 

あらゆる観点から麺を見ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのくらいの麺を試しただろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆで時間も色々と試しました

 

 

 

 

 

 

 

 

豚骨といえばバリカタやろうもん!

 

粉落としばい!

 

柔らかもあるけんね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄いです

 

 

麺のゆで時間を変えるだけで

スープの味が変わるのですから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで

毎日がチャレンジと失敗そして驚きの繰り返しです

 

 

 

 

 

 

 

 

論より証拠

 

実は今でも常に試行錯誤しています

 

 

 

 

 

尾張とんこつはもはやラーメンではなく

 

 

 

 

 

和食です

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも現時点では

まだ尾張とんこつは

 

完成していないと思っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しさとは

 

心の満足度なのだという考えのもと

 

 

もっと美味しくなる方法があるのではないかと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも変わらない満足の為に

私自身変わり続けます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾張とんこつ専門店

 

ようら本店

店主

KABA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お・ま・け

~奇跡のお米~

 

KABAは白ご飯が大好きです

ラーメン食べるときは必ず白ご飯!

 

そんなようらでお出しするお米は福岡県産。

 

主役はおわとんなのかごはんなのか!?ってくらい、噛むほどに甘さが口いっぱいに広がります!

 

 

このお米は実際に農家さんと会って話し、農家さんの考えなどにも共感し、

お互いに納得したうえで直接購入させてもらっています。

 

 

 

奇跡の無農薬米!

農業直接やったことがある人ならわかると思いますが

無農薬のお米は作るのがめちゃくちゃ大変。

 

 

だから一般に卸せるほどの量は作れないのです。

市場には絶対に出回らない特別なお米を特別に卸していただいています。

 

 

 

宇宙と地球と農家さんに心から感謝したくなる奇跡のお米!

おわとんと一緒に是非食べて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにおまけ!

・ようらのずぼら醤油商品説明